読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するざわわ

グローバルベンチャーで働き、人生、仕事、世界、芸術、恋愛など幅広くつづります。

【ジュネーブ平和通り】東京・青物横丁のおしゃれな名前の通りに行ってみたけど、、、今後に期待!!

f:id:zawawa410:20170312174029j:plain

 

ジュネーブといえば

・ヨーロッパ・スイスの都市  *都市はチューリヒみたい!

・おしゃれな街並みと噴水

・国際機関やら、条約やら、もうグローバルな感じ

を思い浮かべるよね~~

 

 

そんなおしゃれCITYの一部が東京にも!!

ジュネーブ通り』とやらが、なんと京急青物横丁駅スグにあるとのことで行ってみた!!!

 

 

 

 

 

f:id:zawawa410:20170312162115j:plain

 

来た来た!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:zawawa410:20170312162255j:plain

。。。

 

f:id:zawawa410:20170312162517j:plain

。。。

 

 

今後に期待!!!!!!!!!!!

期待大!!!!!!!!!!!!!

 

 

いやーでもさすがに何かあるだろうと調べてみたら、

 

 

f:id:zawawa410:20170312174828p:plain

 

あった。

『江戸時代の護岸石垣』!!!!

 

昔は今より海岸がもっと内陸だった、

っていうのは大森町の観光案内板でみたけど、

その護岸石垣があるなんて!!

 

あ、ちなみに、

青物横丁って名前からもあるように、

ここは江戸時代、市場として栄えていたんだって。

 

「青物横丁」の由来

明治32年に開通した京浜電車は一輛だてのチンチン電車で、八つ山(現北品川)が始発であり、北馬場、南馬場の駅に次いで、青物横丁があった。この地は江戸時代から青物の市場があり、大きな八百屋が軒を並べて、たいそうな人出であったようだ。品川、大井、大森、蒲田はその昔は半農半漁で栄えてきた村や町であったが、この辺りで収穫された野菜を、農家の人が自分で大八車、牛車、馬車を使って、青物横丁に持って来て取引をしていた。遠くは馬込や千束の方からも運んでいたようだ。青物横丁というのは地名ではなく、当地の野菜市場の名残りを残した俗称であり、京浜急行沿線には、これに似た駅名で「学校裏」(平和島)というのもあった。今の八潮高校辺りは、葦が繁っており、東海中学附近は当時は海であった。

<参考資料> 旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会刊
「ぐるり品川道しるべ」兼坂 弘道 氏記

(引用: あおよこチャンネル, http://www.aoyoko.ch/?page_id=10

 

これは期待できるぞい!!

 

 

早速向かうっっっ!!!

 

f:id:zawawa410:20170312170702j:plain

1800年からやっている、創業200年のスーパーマーケット。

 

www.aoyoko.ch

 

普通のスーパー!

でも、200年ってすごいな。。。

 

 

それよりも、護岸!

 

。。。。

 

ん??

 

f:id:zawawa410:20170312163140j:plain

 

なんじゃこりゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

古河林業が家を建てとるやないか!!!!

 

f:id:zawawa410:20170312163127j:plain

 

近くで見ると、

なんかもう古さもわからないし、

むしろコンクリートな感じ満載だし、、、

 

 

ってか、古河林業って、創業1875年なんだ!!

素敵な会社なんだろうな~~。

だから続いてるのかなー。

 

でも、日本は歴史ある会社が多いのに、

なんでまちの歴史は残らないのかな。

 

内部は時代とともに住みやすいように変えていき、

外見をなるべく保てるようにできたりしないのかな~~。

 

法律とかで決まっているんかな??

 

 

終わりに

 

今回の収穫は、

200年続く、地域に愛されるスーパー!

 

次回行ってみよう!

 

 

『戦火の馬』ハッピーエンド!

ざわわ評価 
4.5点/5点


こんな人にオススメ 
動物と人間の温かさを感じたい人!


3つのポイント!
○戦争映画だけどグロくなく、ハッピーエンド!
○馬の演技が繊細かつ大胆で迫力◎
○動物と人との繋がり、動物同士の絆を感じられる、温かい気持ちになる!

TSUTAYAの店舗で、なんと最高評価の5.0を取っていた映画。
「馬の表情がリアル」というコメントに惹かれて、借りてみてみました!


youtu.be


物語の設定としては、第一次世界大戦を舞台に、農村の主人公が飼っていた馬が軍に売られてしまい、主人公も兵役で戦場に送られ離れ離れになるという物語です。

個人的に好きな場面は、戦場で主人公が飼っていた馬ともう一頭、力が強い黒い馬がいて、その二頭がライバル関係な関係で戦場を戦うのですが、あまりにも過酷な状況で黒い馬の方が倒れてしまうところを主人公の馬が助けてあげるシーンです。

主人公の男の子とその馬の絆も素敵ですが、その二頭の馬のライバルでありながら、お互いを支え合う姿は心温まるものがありました。


出演者は??
ちなみに、この映画の監督は、スティーブン・スピルバーグですが、
『E.T』や『A.I』、『ジュラシックパーク』、『ジョーズ』、『トランスフォーマー』、『ターミナル』などなど有名な映画をたくさん作っています。
彼の作品を改めて見返してみるのも面白いかも!

また、主人公はイギリス出身のジェレミー・アーヴァイン、26歳。
この作品の主人公に抜擢されるまでは全くの無名だったみたいですが、この映画が第84回アカデミー賞6部門にノミネートされたことで、
ジェレミー・アーヴァインの名は一躍有名に。
その後の2015年には、あのダニエルラドクリフの後を継いで、『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』で主演を務めています。


ロケ地情報
この映画が撮影されたのは、コッツウォルズの最南端にある村”カッスルクーム”で撮影されました。
この村はイギリスで最も美しい村と言われており、かつて羊毛産業で繁栄した村でした。しかし、19世紀頃からイギリスで広まった鉄道から外れていたため、村の産業は急激に衰退。のちの産業革命からも取り残されたこの村は、15世紀から変わらない中世の街並みをそのまま残すこととなるのです。

ちなみに、コッツウォルズはロンドンの北西部、オックスフォードの北西にあります。

f:id:zawawa410:20170227000048p:plain

カッスルクームは、こんなところ。

Castle Combe Village Website

石造りの家が立ち並ぶ街並みはとても素敵ですね。
いつか行ってみたい町です~~^^

風が吹かない、そんな場所でも

久しぶりに更新!

最近いろんな発見、気づきがあります。

意識高い系のこと書くのは嫌とか言いながら、書いちゃいます*1



最近聞く曲があるのですが、19の「すべてへ」ってご存知ですか?

小学生の時に大好きでずっと聞いてたのですが、大人になって歌詞が少しわかりました!

とはいっても、サビ以外の歌詞の意味がよくわからないのですが、まあなんたってサビがいい*2

タイトルにも書きましたが、1つ目のサビが最高です。


ここで、最近の自分を振り返ってみて、受け身で過ごしていたなと。


何かが起こることを、誰かがやってくれることを待っていて、自分から働きかけようとしない。


で、何も起こらなくてイライラする。


最悪ですね。笑


これはまた不思議なことに、自分から起こした事だったら、たとえ失敗してもイライラにはなりにくい。

うまくいかなくてイライラはあるけど、結果として失敗したら「次はどうするか」って考えれるようになる。


不思議ですよねー。。。


なんか、自分からやったもんがちな気がしますね。


ってことで、イライラしないために自分からやっていこうと思います!


で、そんなこと考えたりしてた時にふと思い出したのがこの曲。


自分で風をおこしたら、どんな風であってもイライラはなくて「あ、風おこしちゃった」みたいな温かい感じになるんでしょうなー。


で、なぜこんなにもイライラを避けるかというと、周りに迷惑をかけるからです。

イライラしてる時は、どう頑張っても他の人の責任にしてしまう。

時間が経てば落ち着くのだけれども、そのイライラしてる時に他の人を傷つけてしまったりする。

ぼくが一番嫌なのは「まあいっか」って思えなくなることですね。


だから、このイライラというものをなるべく感じないようにしていきたいものです(n´v`n)



つまらないことを書きましたが、書いてみたらいろんなことが見えたりするので書きました。



あと、今朝は清武選手の情熱大陸を観て感動してたからです。


こうやって、自分がモチベーションの上がる動画とか音楽とかわかっておいて、下がったら見る、聞くっていうのもいいなと思います^o^



では、今日も一日がんばっていきましょーo(`・ω´・+o) 


*1:´∀`*

*2:´∀`*

被災地の復興について

おつかれんこん♪

 

今日は被災地の復興について簡単にわかりやすくしたものを書きたいと思います。

 

今日は被災地の現状について。

 

その前に、みなさん「被災地の復興」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

「2年経つし、もう復興してるんじゃないの?」

「復興って元通りの生活に戻れることでしょ」

と思ってる方が多いかなと思います。

f:id:zawawa410:20130427163108j:plain

 

これは今年のゴールデンウィークにとってきた写真です。

 

ご覧のとおりなんも進んでいないですよね。

実際には、やっと更地になってきた、という感じです。

 

ここはもともと町の中心地であったところで、住宅が立ち並び、町役場があり、たくさんのお店があってたくさんの人でにぎわっていた地域だったそうです。

 

2011年3月11日。この町に津波が押し寄せました。

そして、津波で町は流され、さらに大規模な火事によって町はこのようになってしまいました。

 

今、多くの人が山間部の仮設住宅で生活されています。

その仮設も2年で終わるはずだったのが、4年に延長されたそうです。(地域によって

異なりますが)

 

さて、これからどうなるのか。

やっと町役場によって復興計画が決められましたが、その取りに進むのか。

 

ご存知の方はおられるかもしれませんが、盛土を行い、町全体をかさ上げする計画などがあります。

 

しかし、

「どこから土をもってくるのか。」

「土を盛っても固めるのに時間がかかる。」

などまだまだ問題は山積みです。

 

 

僕がこのことをブログに書いたところで復興が早くなることはないでしょう。

 

ですがこれを書くことで、少しでも多くの人が被災地のことを少しでも知って、被災地に関心を持っていただけたらなと思います。

 

震災直後から現地の写真を毎日撮りつづけてらっしゃる女性が

「お家に帰ったらこの町のことをみんなに伝えて頂戴ね」

とおっしゃって下さいました。

 

「忘れない」

このことが大切かなと思います。

 

 

今日はここまで!

また書いていけたら、そして少しでも多くの人が被災地、復興について気にかけて、興味を持って下さればいいなと思います。

ビジネスのことを勉強して気づいたこと

こんにちは。

 

今日はこの3か月くらいビジネスについて学ばせてもらって、初めて知ったことを書きたいと思います。

 

の、前に。

ビジネスについて今まで僕は、「どれだけ安く作り、高く売るか」ということだけかと思っていました。

お金が多く入ってきさえすればいいみたいな考え方でやっているものなんだろうなぁとぼんやりと、だけどそうとしか思っていませんでした。

 

しかし、今では違います。

「どんな価値を提供できるか」「どれだけ幸せにできるか」という気持ちがビジネスにはあるんだと知りました。

しかも、一人一人好みは違うわけで、その人その人に合う幸せを届けなければならないと知ったとき、めちゃめちゃビジネスっていいものだなと思いました。

 

これを聞いたとき、被災地支援もそうだなと思いました。

震災後にたくさんの支援物資が届きましたが、足りてる地域にばかり届いて足りてない地域には何も届かない、ということがあったりしたそうです。

 

実際に僕のやっていたボランティア活動もAさんには喜んでもらえたけど、Bさんはそうでもなかったなっていうことが多々ありました。

 

こういった経験から思ったのは、ひとりひとり違うっていうことです。

当たり前のように感じますが、とても大切なことだと思います。

 

ってなると、世の中に絶対にいいものはたぶん少ない、もしくはほとんどなくて、良いのか悪いのかどっちともいえるようなものばかりなのかなと。

 

そして、人それぞれの判断の基準で物事それぞれを良い悪いと決めていくべきなんだろうなと思います。

 

こういうことを考えていると大学でやっている外国との異文化理解といったものもなんとなくわかったし、ってか外国じゃなくても日本人同士でも異文化理解にちかいものなんてたくさんあるんじゃンと思います!

 

今日のブログをまとめると、「ひとそれぞれ」ってことですね^^笑

 

その人、その人にあった幸せを届けられるような人になりたいなと思います。

 

おわり

☆初☆はてなブログ!!

はじめまして。

『旗を立てて生きる』を読み、ブログをして自分を発信していこうと思いました。

 

特に何の専門家でもなく、ただの大学生ですが、今やっていることとか、今後やりたいこととか書いていこうと思います。

 

日記とは別で、あくまでも発信ということに重きを置いてやっていこうと思います!

 

まずは、軽く自己紹介をさせていただきます。

大学1,2年のころ、東日本大震災で被害のあった岩手県にボランティアをずっとしに行っていました。

僕らの活動は、寄り添いという理念のもと、仮設の集会所でカフェ活動を行い足湯や手芸を通して住民の方々と交流させていただきました。

最初は「何で足湯?」とか思っていたのですが、続けるうちにだんだん慣れ、むしろ足湯がコミュニケーションを円滑にする効果にすごいなと思うようになりました。

そもそも、足湯はツールであって、目的ではないかと思うと別に悩むこともなく、少しかもしれないけど住民の方々のためになってくれたらなという思いで続けていました。

 

しかし、僕らの団体だけではなく、多くの団体が同じなのですが、経済的に自立するのが難しいという問題が根本的にあります。

本来、ボランティア団体などは長期的に活動していかなくてはならないのに、お金がないといった理由で続けられなくなる団体、組織が多いことを知りました。

 

この問題について考えたとき、

「自分たちで利益を出せて長期的に活動を続けられる団体をつくれないか?」

「いや作らないとダメでしょ!」と思うようになりました。

 

そして今は「じゃあ、そもそもお金儲けってなんだろか?」という疑問を解決するためビジネスといったものを学んだりしているところです。

 

そんな感じで今過ごしているのですが、いろいろ難しいですね^^笑

 

拙い文章になってしまい申し訳ありません。

ですが、ここまで読んで下さり本当にありがとうございます。

 

これからも続けていこうと思いますのでよろしくお願いします。