旅するざわわ

グローバルベンチャーで働き、人生、仕事、世界、芸術、恋愛など幅広くつづります。

『戦火の馬』ハッピーエンド!

ざわわ評価 
4.5点/5点


こんな人にオススメ 
動物と人間の温かさを感じたい人!


3つのポイント!
○戦争映画だけどグロくなく、ハッピーエンド!
○馬の演技が繊細かつ大胆で迫力◎
○動物と人との繋がり、動物同士の絆を感じられる、温かい気持ちになる!

TSUTAYAの店舗で、なんと最高評価の5.0を取っていた映画。
「馬の表情がリアル」というコメントに惹かれて、借りてみてみました!


youtu.be


物語の設定としては、第一次世界大戦を舞台に、農村の主人公が飼っていた馬が軍に売られてしまい、主人公も兵役で戦場に送られ離れ離れになるという物語です。

個人的に好きな場面は、戦場で主人公が飼っていた馬ともう一頭、力が強い黒い馬がいて、その二頭がライバル関係な関係で戦場を戦うのですが、あまりにも過酷な状況で黒い馬の方が倒れてしまうところを主人公の馬が助けてあげるシーンです。

主人公の男の子とその馬の絆も素敵ですが、その二頭の馬のライバルでありながら、お互いを支え合う姿は心温まるものがありました。


出演者は??
ちなみに、この映画の監督は、スティーブン・スピルバーグですが、
『E.T』や『A.I』、『ジュラシックパーク』、『ジョーズ』、『トランスフォーマー』、『ターミナル』などなど有名な映画をたくさん作っています。
彼の作品を改めて見返してみるのも面白いかも!

また、主人公はイギリス出身のジェレミー・アーヴァイン、26歳。
この作品の主人公に抜擢されるまでは全くの無名だったみたいですが、この映画が第84回アカデミー賞6部門にノミネートされたことで、
ジェレミー・アーヴァインの名は一躍有名に。
その後の2015年には、あのダニエルラドクリフの後を継いで、『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』で主演を務めています。


ロケ地情報
この映画が撮影されたのは、コッツウォルズの最南端にある村”カッスルクーム”で撮影されました。
この村はイギリスで最も美しい村と言われており、かつて羊毛産業で繁栄した村でした。しかし、19世紀頃からイギリスで広まった鉄道から外れていたため、村の産業は急激に衰退。のちの産業革命からも取り残されたこの村は、15世紀から変わらない中世の街並みをそのまま残すこととなるのです。

ちなみに、コッツウォルズはロンドンの北西部、オックスフォードの北西にあります。

f:id:zawawa410:20170227000048p:plain

カッスルクームは、こんなところ。

Castle Combe Village Website

石造りの家が立ち並ぶ街並みはとても素敵ですね。
いつか行ってみたい町です~~^^